ひさびさにDELL立ち上げる

スポンサーリンク

Macの予備機として今年の年明けに買ったDELL。

普段はMacで用事が済んでますのでほとんど放置プレーですが たまに立ち上げてみないとなぁと 久々に電源ON!

 

すると

バッテリーでは立ち上がらず(-。-)y-゜゜゜ 

インバーターを入れて電源を繋いでON。

 

電源が入りますが やっぱりいつものアプデ。

しばし待たされて カスペルスキーもアップデート。

じつに30日ぶりでした。

 

たまにWindowsを起こすとこんな感じなんですかね?

日常的に使ってれば アプデもこまめにされて それぞれが軽く済むんでしょうか?

 

ってか こまめにアプデされるのもウザいですね。

あらためて 普段使いでWindowsはないわぁって感じ。

Macも完璧ではなくたまに不機嫌になることもありますが 総じて鑑みるとMacに軍配が上がりますね。

 

今はDELLで打ってますが やっぱりバタフライキーボードのほうが打ちやすいですし Macの勝手に変換されるのに慣れると いちいちスペースキーで変換するのがめんどくさいです。

 

まぁ そんなこんな言っても老眼なオヤジとしてはスマホで全ての作業をするには限界がありますし PCが使えなくなるといろいろと困りますので やっぱり予備機は必要かと。

MBPの予備でMBAでもいいんでしょうけど 万が一アップルそのもので不具合が出たときに対応できなくなってしまいますから リスクヘッジとしてWindowsを持っていてもいいんでしょう。

 

アップルはオリジナルのオフィスソフトも標準装備ですが エクセルとかWindowsのほうが使いやすい場面もありますし。

 

MBPでもWindowsをインストールして使えますが それにはやっぱりSSD1TBくらい欲しいですね。

私のMBPは最安で128GBのSSDですから Windowsも使うには心もとない。

i-Phoneで撮った写真も自動的にMBPのアルバムに保存されますから 結構容量は使ってます。

それをいっぱいいっぱいまで使ってしまうと また立ち上がりが遅くなりますから。

余裕をもって快適に使うには ほどほどにですね。

 

また MacでWindowsを使えるようにして1台で両方使うようにしても それでMacが壊れるとどっちも使えなくなってしまいます。

 

そんなことを考えても やっぱりPCの2台もちは「アリ」だと思います。