やっぱりなれたところは落ち着くねぇ

スポンサーリンク

緊急事態宣言がほとんどの地域で解除されましたね。

ただ 解除された地域でもまだ前の状態に戻ったかと言われるとまだまだです。

そんな中私の常風呂 ひたちなかのきらりからLINE。

待ってましたよ!

19日に久しぶりに行ってきました♪

これまでの状況でも営業してくれていたひたちなかのあかつきの湯とか水戸の御老公の湯には感謝してますが。

やっぱりいつものところはいいですね。

あずましい♪

 

テナントはまだしばらく22時までなので 足を揉んでもらうのは先になりそうですが。

これで風呂に悩むことは少なくなりそうです。

 

ってか 御老公の湯って温泉でもないのになんであんなにお高いんですか?

土曜に夜な夜な洗車して朝風呂の時間になれば行くかもしれませんが。

どの湯船も 中の段差が半身浴するには浅いし どっぷり浸かるには深い。

座高が90cmの私でこれですから 普通の人は苦しくないんですかね?

まぁ お高いってことでガキンチョは来ないでしょうから それがいいって人もいるんでしょう。 

 

 

また 思うんですけど

解除された茨城より解除されてない埼玉の方が普通に店開いてる。

 

ひたちなかの吉野家は20時以降テイクアウトのみなのが 杉戸の吉野家では普通に店内で食べられました。

マックも24時間(夜中はドライブスルーのみ)

幸手の極楽湯もやってましたしね。(時短営業)

 

同じ牛丼を食べるにしても 車でプラスチックの容器に入ってるのを食べるより 車から降りてテーブルで丼で食べる方がいいですよ。

車から離れることによって 気分転換になりますし。

安楽亭のサガリ弁当も食べましたが。

やっぱり焼肉は焼きながら食べるものですね。

 

飲食店もお客さんが来なくなって困った困ったばかりではどうにもなりませんから 生き残るべく策を講じますし そこでいかに考えるかが明暗を分けるのも確かですが。

やっぱり外食ってある意味エンタメですし 私にすればインフラですからね。

その選択肢が限られるのは 普段の生活が非常につまらないものになってしまいます。

生きて行くために必要な食に関してもこれですから なくても生活できる産業。

・マッサージ

・ヒーリング

・花屋

・音楽関係など 趣味の教室

・観光業

これらは今回の騒動でかなりの打撃を受けました。

利用できないからって生きていけない人はほとんどいないでしょう。

 

でも そういう一見人生の「ムダ」に見えるところが 実は人生で大事なんだなぁと思いました。

 

風呂・メシ・寝る以外はほぼ仕事なワタクシですが。

 

生きていく上では ムダとかファジーな部分は必要かと。

 

私でもそう感じるのですから みなさんは更にでしょう。

・今日何食べよ?

・ゆっくり風呂浸かるべ

・ジョイフルであれ買ってきて車いじるべ

こういう楽しみがないと 人生って味気のないものになってしまいますね。

 

それでもパチンコにはやる意味を見出せませんがね。

 

日々 息して食べて出して。

それだけだと「なんのために生きているのか?」

原始人と変わりませんね。

 

かくいう私も未だ今世のミッションを見つけられてはいませんが。

 

なんだか久々にいつもの風呂屋に行ったって話から哲学的な話になってしまいました( ^o^)y-~~~