やっぱりアラフィフ

スポンサーリンク

例年8月後半〜10月いっぱいくらいまでは輸送繁忙期ですので なかなか忙しいワタクシ。

この時期に稼いでおかないと11月には車検と冬タイヤを買わないとなりませんので その費用が出てきません。

そんなワケでがんばるのですが。

 

土曜の仕事が終わったのが日曜の5時すぎ。

お外は明るいですね。

 

たまにこんな時間まで仕事すると 昼過ぎに起きても廃人。

なぁんにもする気になりませんね。

 

ちょっと前はフォグやらマーカーやら取り付けるのにちょいちょい朝方まで夜活してましたが 仕事だとなんか違うようです。

 

私はどちらかと言うと夜型の方が合ってるようで早起きは苦手なのですが せめて寝るときは暗い方がいいですね。

遮光のカーテンを閉めててもどうしても日光さんが漏れてくるので気になります。

そして 徐々に気温も上がってきます。

そうなると自然と酒も深くなると。

 

寝る時間どうこうよりこっちで廃人だろ!って反論は受付ません(笑)

 

そうやってちょっとムリをすると 寝てもなかなか疲れが取れないんですよ。

若いときは寝る時間がいつでも4時間くらいあれば シャキっとして走れたんですけどねぇ。

 

単車の時は 北海道で積んでだいたい函館の20時の船を目指します。

函館に着いたらハセストの焼鳥弁当をツマミに飲んで。

20時〜0時の乗船中に寝て 青森から朝6時くらいまで走って軽く飲んで寝ると。

7号線なら新潟 4号線なら仙台の手前くらい。

 

昼くらいに起きて そこから12時間くらい走る。

 

そんなことができてたんです。

ちなみにほぼ下道移動です。

それで静岡くらいまで行けたんですね。

 

たまに首都圏辺りだと 近いなと。

 

2日目の昼から9時間くらい走れば だいたいいいところまで来てますからね。

 

今そんなことやれって言われてもできません。

 

でもなぁ。

北海道で仕事するってなると 普通に朝からのおろしもあるし 夕方に積んで翌朝のおろしに向けて夜中に走るとかもあるし。

あ〜 4時間寝れるわ〜 みたいな。

 

北海道内で仕事してた方が陸続きですから 家に帰る回数も多いでしょうが 北海道はなぜか運賃が安いですし 内容と労力と稼ぎを考えると微妙ですね。

 

今の我が家では娘ちゃんの学費と財務体勢を立て直すためにも まだしばらくこんな生活が続きそうです。

 

娘ちゃんが卒業する時には50才かぁ( -.-)y-~~~

 

十勝の農家さんにも70才でバリバリ現役って人がゴロゴロしてますから 50才なんてまだ鼻垂れ小僧だ!なんて言われますがね。

この辺は私の意識の問題かもしれません。

 

もう50才

まだ50才

 

カーネルサンダース氏もケンタッキーを始めたのは60すぎてからですし。

 

今の状態では これまでよりは収入は突出してますから この状態を維持して手段を移行していくだけですね。

今更社員の運転手には戻れませんよ。

会社としてもこれから自動運転が当たり前になれば 運転手に年間300〜400万のコストを掛けるくらいなら 設備に投資しますよね。

その方が労働基準法も関係ないし ヒューマンエラーもないし。

そう言った意味でも いつまでも運転手なんてやってらんないんですよね。

自動運転は乗用車から始まって トラックは小さいものからだと思いますが。

トレーラーだからいつまでも人間が運転するのか?と言ったら 違うでしょう。

 

今は単車で自走するのとシャーシーだけ送るのと運賃は変わらないから より多く運べるシャーシーも成り立ってますが 単車が先に自動運転になって運賃が下がれば トレーラーいらなくね?ってなるかもしれませんし。

そうなると 長尺とか単体の重量物とか トレーラーでないと運べないもの以外は単車になるかもしれません。

すでに 先頭だけ運転手がいれば それに付いていく自動運転の単車ってのもあるようですし。

 

あぁ いつの間にか年の話から運送業界にまで膨らんでしまった。

 

いづれにしても 運転手の未来はそれほど明るくはないってことですね。

それにプラスして私のカラダも動かなくなってきますから 動いてるうちに身の振り方を考えないとなりませんよねってことです。