カーテン 加工

スポンサーリンク

私は普段からなるべく「北枕」になるように寝床を選びます。

「北枕なんて縁起でもない!」というなかれ。

そもそも亡くなった人を北枕に寝かせるようになったのは そうすることによって蘇った人がいたかららしいです。

北半球では頭寒足熱で理に叶ってますしね。

気とか磁気とかの流れ的にもカラダにいいようです。

 

私は運転席側を頭にしますので 背中が東ですね。

これね。シャーシーつないでるときはいいんですよ。影になってくれますから。

これがヘッド単体だと朝日がモロに当たります。

普段は夜型なオヤジですから 夜更かしして昼くらいまで寝ます。

なので 朝日対策は必須です。

キャビンの後ろには窓がありますから 夏場は超暑い!

後ろの窓に元々純正のカーテンは付いてますが これは遮光仕様ではありません。

100均で発泡に反射板みたいな仕様になってるアレを買ってきて 窓とカーテンの間に入れてましたが スモークを貼った窓でもその反射板的な感じが見えてるのがどうにも気に食わない。

 

そこで 純正カーテンに細工をしてみました。

 

単純に遮光カーテンに変えてもいいのですが 純正のカーテンって壁にボタンで留められるようになってます。

それがレールからぶら下がってるだけだと ブラブラするし 結局下側から光が入ります。

なので 純正カーテンに遮光カーテンを合体させます。

今回5年使って色褪せたラウンドカーテンを新調しましたので 外したカーテンを再利用しました。

これを合体させます。

ネコは 何が始まるにゃん?と興味津々ですね。

奥さんに「ミシンあったっけ?」と聞きましたところ

「あるけど使い方わからんし そもそも動くかどうかもわからん」

そうか(-.-;)y-~~~

 

このためにミシンを買うのも現実的ではないので チクチクと手縫いします。

まぁね。

誰に見せる物でもありませんから 超適当なみ縫い。

途中息子も手伝ってくれました。

いやいや……

そこ 切るとこでないんだけどなぁ。

半端なところで切ってくれたので 最後糸が足りず。

老眼を酷使して糸通し。

一辺を縫い終わってやれやれ。

一服( ^o^)y-~~~

これがこのあと

そんなこんなを乗り越えて 完成。

色褪せてない裏面を見えるようにしました。

これで今年の夏はいくらか涼しく過ごせるかな。