ヘッドライトバーナー交換 アゼツライト

スポンサーリンク

2〜3日前から「なんかライト暗いなぁ」と思っていたら 右側が切れてました。

「ヘっ!?もう?」

去年のGW明けに切れてジョイフルで買ったのが1年もたず シャーシーを持ったまま入れる境のホーマックに駆け込んだのが今年の3月の末。

 

3ヶ月で切れるのかよ(-.-;)y-~~~

 

ハロゲンだって1年くらいは持ちますね。

当たりが悪かったのか そもそも安物で持ちが悪いのか。

 

土曜はいつものところで早めに積み上がったのでジェットに買いに行きましょう!と思ったのですが 積み上がって会社に電話すると申し訳なさげに

「あのぉ 月曜の集荷でお願いします……」

「ナニ?日曜の下船もないの?」

「はいぃ……」

 

こんなことなら土日月と休んで飛行機で家帰ればよかった……

 

まぁ 後悔先に立たずですから考えても仕方ありません。

また 配車係を詰めたところで仕事が湧いてくるワケではありませんので 休みを堪能しましょっ♪てことで。

 

実車の重たいの引っ張ってジェットに行くよりも日曜も埼玉側で時間があるのですから 港に切ったらヘッドでトコトコ戻ってきて 身軽にジェットに行くべと。

片目が1日延びますが 見えないこともないのでなんとかなります。

 

そうと決まればまずは港向け。

時間はたっぷりあるので 地道に下道移動でひたちなかへ。

切り離して メシ→風呂のルーティン。

 

ゆっくり浸かったらまたトコトコ移動して 適当なところで営業終了。

 

寝る前に飲みながらジェットのサイトを見て

これもいいな〜

あれもいいな〜

と妄想は膨らみます。

 

膨らむのは妄想ばっかりで 財布の厚さは変わりませんがね。

 

昼前に起きて古河ジェットへ。

 

寝て起きると酔いも覚めて妄想も縮みますので 冷静になります。

 

まずは切れたバーナー。

ジェット製6000Kをチョイス。

それからだいぶ前から調子の悪かった ダウンライトの白1コ。

それを持ちながら

ナンバー枠欲しいなぁ

フロントのハブキャップ買っちゃおうかなぁ

そしたらリアも欲しいよなぁ

ドアのメッキパネルのB品 左右で4マンかぁ 意外に安いんだな

 

とかとかとか

 

やっぱりトラックノリには危険なところですね(笑)

 

小一時間ブラブラして バーナーとダウンライトでサイナス。

 

レベルアップではなく 不具合を直すだけに留まりました。

 

営業所に移動して まずはバーナー交換。

安物を頻繁に交換しているので 慣れたもんです。

ライトのケースに湿気が入るとバラストまで壊すのでできればこの梅雨時期は避けたいところですが 梅雨が明けるまで片目ってワケにもいきませんし もう片方もいつ切れるかわかりませんので サクっと交換します。

 

点灯確認したら ダウンライト。

右の前側がどうにも機嫌が悪い。

調子がいいと普通に点灯してるのですが この前マーカーをいじってからはダメですね。

改めて配線を繋げば点くので完全に壊れてるワケではなさそうですが。

付いてるものは点かないと気になるので。

今まではここの2ヵ所。

これを下段に移動したのですが 前側が調子悪い。

本来ならば外して交換ですが 外すのも面倒くさいですし 気まぐれで点けばそれはそれで。

なのでここに増設。

ここの方が排気ガスにもやられませんね。

なかなか手が入らないところなので固定するのに多少てこずりましたが なんとか固定。

新たに二股配線を作って通電確認。

適当にタイラップで押えて完了。

 

ヘッドライトは当然として やっぱり付いてるものがちゃんと点くと気持ちいいですね♪

ダウンライトですから点かなくても車検には通るでしょうし 整備不良にもなりません。

でもせっかく時間と労働力投入して付けたのですから しっかり働いてもらいましょ。

 

その他にも赤ダウンライトとか スピーカー交換とか 懸案事項はあるのですが 天気も怪しいし気分ものらないので今日のところは外の作業は終了。

 

室内作業に入ります。

アゼツライトのゴムが切れたので 補修。

何回やっても緩いんですよねぇ。

ジョイフルの手芸コーナーでゴムテグスも新調したのですが なかなかうまくいきません。

結局3回やり直して。

でもやっぱり緩いので さらにダイソーのゴムを通して三重にしました。

ダイソーのゴムは固めなので ちょうどよくなりました。

 

しばしネットサーフィンなんぞして。

あぁ 燃料入れに行かんとなぁと最寄りの太陽へ。

うちの営業所からはヨシダの方が近いんですが エネオス贔屓な私はわざわざ遠い太陽に行きます。

 

なんか雲切れてきたな〜

 

ホイル汚ったねぇなぁ

 

受付に行き

「ホース貸して〜」

 

梅雨で予報も雨だってのに洗車開始!

バカですね(笑)

小一時間洗って 結局スパシャンまで出して施工。

 

梅雨だからこそスパシャンってことで。

 

車もキレイになり あちこち不点灯の不具合も直って気持ちよくなったところでこちら。

関連ランキング:焼肉 | 幸手駅

こちらでは「カード不可」になってますが 普通に使えます。

畜産家応援フェアーってことで九州産和牛が増量中です。

特選カルビをLONG。

ウマイ!

でもでも……

 

GWの近江牛もそうでしたが 霜降りとかカルビとかはちょっとでいいお年頃。

なので 関東ではなかなか食べられないサガリステーキ×2をLONG。

北海道ではどこの焼肉屋さんにもあるんですけどねぇ。

横隔膜の肉です。

ロースみたいにモソモソならなくて ほぼ赤身。

でもほどほどに柔らかい。

ほどほどにジュースィー。

 

札幌にはサガリステーキ専門店もあります。

関連ランキング:ステーキ | 学園前駅(札幌)菊水駅

前はすすきのにあって私が高校生の時からちょいちょい行ってましたが 移転してからはまだ行ってません。

 

こんなお店があるくらい北海道民にとってはサガリは馴染みがあるんですね。

 

ところでサガリとハラミってどう違うの?と思ってグーグル先生に聞いてみると

「サガリ」と「ハラミ」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]
おもに焼肉店などで牛肉の部位の呼称として用いられる「サガリ」、「ハラミ」は、いずれも牛の内臓を吊り下げる筋肉「横隔膜」に当たる部位です。 筋肉である横隔膜は本来赤身の一種といえますが、内臓処理の段階で取れる部位であることから「ホルモン(もつ)」に分類されることが多いです。

どっちも横隔膜なんですね。

厳密にいえば違う部位ですが お店によってはサガリまたはハラミで統一しているのでしょう。

それが

北海道ではサガリ

関東ではハラミ

 

ザンギと唐揚げみたいなもんですかね?

 

改めて調べてみると結構貴重な部位なんですね。

 

なんだかクルマの話から肉談義になってしまいましたが。

 

繁忙期前のオヤジの休日でした。