友達 環境 影響

スポンサーリンク

今日は14時間勤務で ここ最近としては軽い内容でしたね。

きのうも昼間の集荷だけで夜はまったりしたのですが。

毎日毎日寝るときに外が明るくなってると いい加減にしてくれ!と思ってしまいます。

 

そんな荒んだ生活を送っていたワタクシに神様がプレゼントくれました。

それは 8月の札幌でのセミナーで知り合った受講生からのメッセージ。

 

その方は台北からはるばる札幌までお越しでした。

2日目の二次会で席が近かったこともあり お名刺をいただいてFBでお友達申請して。

 

あっ。

「友達」というのは複数形ですので正確には「友人」ですが 一般的に相手が1人でも「友達」と言いますので 今回は「友達」で統一します。

 

はい。

そのセミナーで知り合ってお友達になったこの方。

私より少しお姉さんなのですが 見た目は私と同じくらいだと思ってました。

この方に限らずセミナー受講生全般に言えることですが みなさん若いですね。

7月に横浜で会った方たちもみんな若く見えましたし。

 

人生に真剣に取り組んでるとか 好きなことをやってる人たちって年取らないんでしょうね。

 

今日私にメッセージをくれたこの方も 台北で自営業をされてるようです。

母国を離れて自営業って どれだけのバイタリティなのでしょうか。

そして わざわざ国境を超えてセミナーに参加するって。

 

その行動力に脱帽です。

 

そんな方ですから メッセージからもエネルギーが溢れると言いますか 私が普段の生活で接する人たちとは全く違うんですね。

 

「周りにいる5人の年収の平均が自分の年収」

 

ってよく言われますが どの環境に身を置くかってとっても大切です。

 

昔いたとある会社。

そこはなぜか禁煙が流行りでした。

タバコを吸っていたからって何を言われるワケではありませんでしたが 禁煙した人がいっぱいいると自分でもできそうってなるんですね。

そこで私もチャレンジしたところ 見事成功!

 

しかし そこは季節労働な会社でほどなくして退社。

次の会社はまたストレスフルな職場でしたので また「もうタバコでも吸わんとやってられんわ!」って感じでまた吸い始めてしまいました。

 

今の仕事も行くとこ行くとこみなさんも知ってる大手がほとんど。

現場にいる人たちは 普通のサラリーマンです。

一つの仕事をするのに いろんな人が絡みますので

「なんでこれこうなんだ!」

など 他の人の仕事についてとか 上司についての文句とかが普通に出てきます。

そんな環境にいると 私もどうしても引っ張られてしまいますね。

 

そして 走り始めると1人。

歯止めをかけてくれる人もいませんので 周りの理不尽な走りに腹を立てたり。

それでも以前よりはか〜なり丸くはなりましたが。

 

それに忙しさや寝不足などが相まって イライラしてしまうんですね。

 

そんなときにきた今日のメッセージ。

 

セミナーに参加した時の気持ちを思い出させてもらいました。

周りの人とか環境に文句を付けて変えようとしても無駄なのだと。

今は甘んじて今の仕事をしていますが 私がしっかり力を付けて行動して イヤな労働から解放されるようにがんばればいいんだと。

 

そもそもブログを書こうと思ったのも その行動の一つですね。

 

金銭的な目処がついたら台北にお邪魔しますとそのお友達と約束して 運転手を卒業するぞ!と決意を新たにしたのでありました。