足裏マッサージ

スポンサーリンク

前回足を揉んでもらったのはいつでしたかねぇ?

木曜日に温泉に行ったときに揉んでもらおうと思ったのですが その日は最終の時間で30分の枠しかありませんと。

30分じゃなぁとその日はパス。

今日土曜日に仕事を終えていつものひたちなかの温泉へ。

今日も最終の40分の枠しかないということでしたが なんだか少しでも揉んでもらいたい気分だったので その枠で足裏のコースで予約。

 

しかし その時間まではまだ1時間以上。

久しぶりにのんびり湯に浸かってきました。

そして頃合いを見て上がってマッサージの受付へ。

「もう少しお待ちください」

予定の開始時刻を5分ほどすぎて呼ばれます。

 

担当は若いお姉さんでした。

地元でも関東でもマッサージは何ヶ所か行ってますが 女性は久しぶりです。

私は足裏に限らず全身でも力任せにゴリゴリやられるのはイヤなので ちょうど良い加減で押してくれました。

「胃・腰・臀部あたりが硬いですねぇ」なんて言われながら揉まれてましたが ふと気になりました。

 

「変なお客さんから変な気をもらって具合が悪くなることはありませぬか?」

と聞いてみました。

日に何人も それも直接お客さんに触れるワケですから 敏感な人ほど相手の影響を受けるだろうなと。

するとそのお姉さん。

「具合が悪くなることはありませんが お客さんと『ここが痛くないですか?』と話していたら自分のその部分が痛くなることはあります」

だそうです。

もしかしたら今日最後の客である私に触れたことで 胃・腰・臀部に違和感が出てるかもしれませんね。

 

あちらもプロですからその人の体を触ればどこが痛いのかわかるでしょうし こちらも触られて痛いところはなんらかの異常をきたしてるでしょうから。

そして そこからはプラスではないエネルギーが出ているのでしょうね。

そのエネルギーを受けて 施術する側も同じところが痛くなるという。

 

あくまでも今日施術してくれたお姉さんに聞いた話からの私の推測ですが。

でも そんなことがあっても不思議ではないなぁと思いました。

そんな人こそ 質の高い水晶とか魔除のオニキスとかを身に付けていた方がいいと思うんですけどね。

個人経営ではなく会社のマッサージ屋さんですから アクセサリーはダメよとかあるんでしょうが。

もしかしたら見えないところに持っているのかもしれませんね。

 

私の行くひたちなかの温泉は湯楽の里の中でも「きらり別邸」シリーズでちょっとお高いところですから 客層も銭湯とは違うでしょう。

「60分2980円」の看板に引かれる人は来ないでしょうからね。

そういう意味では「変な気」を持った人は少ないのかもしれません。

 

そして肝心のマッサージですが……

40分じゃ物足りないよなぁと思っていたのですが 結構すっきりしました。

今日のお姉さんとは相性は悪くないようですね。

日々の疲れはじわじわと溜まっていくので普段は気にしてませんが やはり定期的なメンテナンスが必要なカラダとお年頃なようです。