2回目の注射 いざ

寝坊してバタバタと北海道の自宅に帰ってきたワケですが 7日に起きて奥さんをお見送りしてみると どうにも右目の調子が悪い。

これはGWに息子にパンチされた後遺症のようだなと。

車は奥さんが乗って行ってしまったし 今回はヘッドも茨城に放置プレー。

私の街には町立の総合病院にしか眼科はありません。

ワクチンを打つのもそこ。

 

しかしかかし

 

ワクチンの予約は15時。

この日の眼科は 午後休診。

 

なんだよ( ´Д`)y━・~~

 

仕方がないので 午前中にトコトコと病院へ行き 眼科受診。

先生の第一声は「白内障ですね〜」

そしてやっぱり角膜がしっかりくっついてないと。

GWのネコパンチされたのがちゃんと治っていなかったようです。

おそらく前回と同じ薬をもらって。

 

ワクチンまで3時間もあるしなぁ。

田舎の駅前に3時間も潰せる場所はありません。

なので一旦帰宅。

 

適当に時間調整して また同じ病院へ。

片道10分ですが 普段からそれほど歩かないのでこれを2往復はなかなか疲れますね。

しかも微妙に暑かったし。

 

で いよいよ本題。

前回同様 受付からベルトコンベアーに乗せられてサクサクと進みます。

前回は 医師の問診→一旦待合→再度呼ばれて処置室→接種

でしたが 今回は 

医師の問診→その場で接種

 

工程が1つ減ってさらに時短になってました。

田舎の病院でもより良い方法を模索してやろうとするんですね。

図体ばっかりデカくて効率を考えないどこかとは違います。

 

実はこの病院。

前にクラスターが出たので 人間の流れを早くして止まらないようにしてるのかもしれません。

 

打ってから15分の待機。

なにもないので帰宅。

 

その日は特になにもなく いつも通り風呂にも入って就寝。

しかし 横になると目が痛い。

起き上がると多少楽になるので 寝たり起きたり。

ほとんど睡眠は取れていない状態で朝6時。

 

なんか寒い。

 

北海道ですから朝方はもう寒いのですが それともなんか違う。

計ると37度。

 

やっぱり「ヤツ」が来たようです。

さらに打ったところだけでなく 身体全体的に痛い。ダルい。

1日予定を空けておいてよかった。

 

う〜んと唸りながら ゴロゴロ寝返っていたのですが 11時くらいですかね〜。

ふと「ベクトルが変わったぞ」という感覚がありまして。

そこからは楽になっていきました。

熱も最高で38度。

 

私は風邪をひいて38度の熱があっても気づかずにそのまま仕事をしているような人間ですので 熱はそれほど苦にならないのですが 体が痛いのとダルいのが応えましたね。

単純に1日中ゴロゴロしてると 腰も痛くなってきます。

目の調子も悪いので 通信機器も読書もする気にならず。

 

珍しくテレビを付けてダラダラしてました。

 

夜には軽くそばを食べて いつも通り晩酌。

明けて朝に奥さんを見送って 私はもろもろ用意をして「とかち」乗車。

新千歳で遅いランチを取ってこれを書いてると。

これから17時発の茨城行きに乗って 降りたら即仕事です。

 

でも思っていたより回復してきたので 仕事も普通にこなせそうです。

これから10月が終わるまで繁忙期が続きますからねぇ。

がんばりませんと。