アカスリ

スポンサーリンク

金曜に昼から集荷。

からの〜下直で2件配達。

それから営業所に移動して現着は1時半。

 

普通ならそのまま呑んだくれて寝るだけですが 土曜は夜からの仕事で終わるのが日曜の朝なので夜型に切り替えるべく夜活。

 

すでに12時間以上活動していますが ムチ打ってがんばります。

 

で 何をしたかというと

「キャビンのコンパウンド掛け」

 

暖かくなってきてからずっと気になってたボディの水垢。

洗っても取れるものではなく 労力をかけても結局キレイにならないので 洗車も億劫になってきますね。

せっかくメッキも付けたことですし それではいけないと重い腰をあげて取り組みます。

  

最近ではレアな営業所での空き時間ですので 夜中ですがリフトを使って屋根からコンパウンドを掛けていきます。

普通はまず軽く洗ってからやるべきですが 今回は工数を減らすべくいきなりバフでコンパウンド掛け。

軒下の水銀燈を点けましたが なぜだか一番近いところが点かない。

真っ暗ではないですがあんまりよく見えない中での作業。

言わずもがな テキトーになりますわな。

 

お客様からお代をいただいての作業ではありませんので その辺はそれなりに。

途中一服を挟みながらひたすら磨くこと3時間。

 

やってるうちに飽きてきますが コンセントとリフトのある環境は他にないのでがんばります。

 

磨いては拭き取り磨いては拭き取り……

すると 薄暗い中でも一皮向くと輝くのがわかるんですね。

 

ここまでくるともう途中で止めるワケにはいきません。

なんせ「すっぴん」ですからね。

これから日差しの強い季節になりますから しっかり紫外線対策が必要です。

 

拭き取りきれてないコンパウンドと磨きカスを洗剤で流していきます。

 

カラを剥いたゆでたまご状態のボディにいよいよ「スパシャン」を施工します。

 

施工というほど大げさなことでもなく 水で薄めたスパシャンをスポンジで塗っていきます。

 

屋根の上はなかなかできませんので 濃い目のスパシャン液を作って2度塗り。

そこから流れ落ちただけですでに垂直な4面もかなりの水弾き!

 

やぱりスゴイわ!スパシャン♪

私が使ってるのは「スパシャン2018」ですが 2019になってさらに進化したらしいです。

お盆に帰るときには取り寄せて使ってみたいですね。

コンパウンドで古いコーティングを取りつつ細かい傷を磨いただけでもなかなかな輝きでしたが それにガラスコーティングをすることでさらに輝きますね。

 

ここまでやるとすでに朝。

薄暗くてよくわからない中でやっていたのですが 手抜きな部分が見えてくるので細かくまたコンパウンドを掛けます。

そしてまたスパシャン。

 

ボディが終わったところで全体的に洗車。

 

こうなるとホイルの汚れが気になる( -.-)y-~~~

でもこれからホイルに手をつけると寝る時間がなくなるので今回はスルー。

 

走ってればそれなりにキレイに見えるのでヨシとします。

 

次回の課題ですね。

 

この時期は洗っても洗ってもすぐ虫が付いて汚れますが スパシャンをしとくとそんな虫も簡単に取れます。

 

またこれからの梅雨に向けてガラスの施工も大切になりますね。

はっきり言って ガラコより弾きますからね。

下道でもノーワイパー走行が可能になります。

(個人の感想です)

 

また近いうちにスパシャンを施工すると 層が厚くなってさらに効果が期待できます。

 

車がキレイだと やっぱり仕事も楽しくなる気がしますね♪