健康と食事

スポンサーリンク

よく前は通るけど これまでに寄ったのは5年間で2回くらいのローソンにこの前寄ってみたら 呼ばれたんですよ。

読みやすくて ビール飲みながら寝るまでにサクッと読めました。

これまでも

・ベジタリアン

・断食(3日 5日)

・1日 1〜1.5食

・小麦粉を避ける

などなど。

私の仕事は肉体労働ですので とにかく食べる!ことを考え いかに安くカロリーを取り込むかにフォーカスしてましたが いざ食べる量を減らしてみるとこれが調子いいんですね。

 

そもそも私が食を見直そうと思ったのは 成功の9ステップの音声プログラムを聴いてから。

まずはさておき「健康」だと。

どんなにビジネスに成功して 時間もおカネも自由になり 気の合う仲間が増えたとしても 入院してたら楽しくないですね。

また 何かやるにしても今はアイディアも元手もない私でも 健康に注意することはできるなと。

詳しくは本も出てるのでそちらを読んで欲しいのですが。

私がやったことは

・肉・魚を食べない

・朝食は野菜ジュース(本ではフレッシュなフルーツ)

・昼はおにぎり1〜2コ

・夜はカット野菜とポテトサラダ

・間食をパン→ナッツ または食べない

これを3ヶ月くらいやりましたかねぇ。

ちょうど8月から10月くらいの繁忙期にです。

これまでは忙しい時なので食も酒も量が増える時ですが グッと堪えて取り組みました。

すると 体重が68キロ→60キロになりました。

そこでだいたい釣り合っていたのですが 明けた2月ころ。

3日間断食をして 58キロに。

 

断食といっても水と塩だけというガチガチのものではなく 固形物を摂らないという物。

なので 野菜ジュースとかコーンスープとかでカロリーは摂ってました。

それでも腸は休めたようで くっさい宿便も出てすっきりしました。

 

ただ ベジタリアンをするにしても最低スーパーで生野菜を買ってきてサラダにするんならいいと思うんですが カット野菜ってねぇ。

どうも加工されるうちに栄養分が抜けてる気がします。

そればっかりだと やっぱりやつれた感じになるんですよね。

そこで たまにカロリーを摂取しましょうってことで ラーメンとか魚とか 月一で肉とか。

 

そうなると 徐々に食べるようになっちゃうんですね。

元々は食べるのは好きですから。

月一の肉が 月二になり 週一になり……

それに伴い 体重も増加。

 

仕事が終わって飲み始めるときのお供も増えました。

 

一時は58キロまで落ちた体重も 気がつけば63〜4キロ。

これでもBMIは19.44ですので普通の範囲ですし 適性体重の71.28キロよりは少ないですが。

60キロくらいで釣り合ってたのが増えるってことは 運動量より食べる量が多いってことですね。

最近ヒゲが伸びるのも遅くなってきた気もしますし 基礎代謝も減っているのでしょう。

 

そんな時に出会った上記の本。

 

世間一般の人は1日3食が当たり前なのでしょうが 私には多いですね。

読んでから昼のおにぎりを1コにして 酒のツマミもやめました。

「明日は長い1日になりそうだなぁ」って時にはおやつを買ってましたが それもやめました。

 

すると すぐ慣れるんですね。

エネルギーを摂取するために食べる→消化する

ってことが 実はかなりエネルギーを消費するってのはホントらしいです。

 

食べる量を減らして 消化に使うエネルギーを活動のエネルギーに使うと。

 

摂取するエネルギー>消化に使うエネルギー

 

であるから私たちは生命を維持できてるのでしょうけど 両方が大きいと身体の負荷も増えるでしょう。

その辺のバランスは人それぞれでしょうね。

 

子どもの頃から刷り込まれてきた

・起きたら朝食が用意されてて

・昼には給食があり

・夕食は当たり前に用意されてる

 

これだと実は食べ過ぎだっていうね。

10代の成長期はそれくらいがいいのでしょう。

でも 年と共に生活スタイルを鑑みて 考える必要がありますね。

 

そもそも原始時代。

普段は安定的に採れる木の実とか草とか。

たまに狩りに成功して肉や魚にありつくって生活だったはずです。

 

また 米一俵って60キロですが これは男も女も 若い人も年寄りも 誰でも持てる重さってことで決まったらしいです。

玄米食の時代に。

それが今となっては

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002shqg-att/2r9852000002shvs.pdf

55キロ以下にすること。

恒常的には体重の40%以下にしなさいと。

私でいうと25キロくらい。

 

玄米ご飯と味噌汁 漬物くらいの食事の時代に60キロが誰でも持てたのに フードロスがどうとかいってるこの飽食の時代に 普段はせいぜい30キロくらいにしときなさいっていうね。

かくいう私も60キロのお姉ちゃんは抱っこできますけど 60キロの米300おろせって言われても丁重にお断りします(笑)

 

日本人にとっては玄米って完全食ですから その他はおまけですね。

白米になったから 魚とか肉とかを摂らないとカッケになったりするんです。

そのうまさを知ってしまったばっかりに 高たんぱく低カロリーとかいって カーボ抜きとか。

 

ボタンとかモミジとかジンギスカンとか。

かねてより肉を食べる文化は日本にもあったのでしょうけど。

 

あくまでもジビエですね。

おそらく日本人は牛肉とか牛乳とかチーズとか 牛を摂取するカラダではないと思うんですよ。

それらを摂取してしまうと それを消化するために余計にエネルギーを使うんだと思います。

小麦しかり。

 

伊勢神宮から全国に派生した「稲荷神社」

 

これってお米の神様ですからね。

日本人ならお米を食べないってことは 伊勢神宮にケンカを売るのと同じことです。

そんなことをして 日本で幸せになれるはずがありません。

 

焼肉とかステーキ

はたまた 

パンとかケーキ

 

食は文化ですから 「たまには」いいでしょう。

うどんは小麦ですし。

 

また食事はエンタメですしね。

イベント的にたまにハメを外すのもアリだと思います。

 

それが恒常的になるとね。

 

アラフィフになってやっぱり脂がキツくなってきましたし 夕方のパン屋さんのお勤め品もムリゲーになってきました。

 

脂を摂ったらウーロン茶必須ですから。

 

そして翌日は1日中 お腹の調子が悪いっていうね。

1日3回 トイレから呼び出しが来ます(笑)

 

お腹が減るから食べる

 

ってより 実は

 

空腹が通常

 

これがデフォルトでないですかね?

 

第二の脳と言われる腸をいたわるためにも

「食べ過ぎない」

「足るを知る」

 

今一度肝に銘じたいですね。