ヘッド車検 北海道上陸

スポンサーリンク

いやいやいや……

寒いですね(-.-;)y-~~~

12月18日でヘッドの車検が切れるので 継続のために帰ってきました。

今回は20日に病院の予約が入っていますので 16日の船で帰るよとだいぶ前から配車係には伝えていたのですが。

 

まぁ 例にって例の如くすっかり忘れられてました。

「16日 どんな感じ?何積んで帰る?」

「へっ? あーー!16日か!」

 

いつものことですがね。

お客さんとアポがあっても あー 忘れてましたーとかいうんですかね(笑)

 

結局は

15日昼から集荷→港切り離し

15日夜 港から下船直行で配達

16日8時から冷食集荷→港切り離し

ちょっと空いたので 風呂・メシ・洗濯

16日夜 下船直行で配達

からの〜夜中に戸田で集荷

 

16日夜の配達で軽くハマったので 戸田で積み上がって出発したのが17日の3時。

 

いつもはここから新潟向けで朝には終わるのですが。

で 今回は北海道に帰るので新潟から船に乗って帰るはずが。

 

日本海は大荒れで欠航ではないけど4時間くらい船が遅れそうだと。

「八戸まで走ってもらえませぬか?」と配車係。

私もタイヤがタイヤなので ヘタに日本海側にいくより太平洋側の方が雪に当たる確率は少ないってかほぼないだろうと了承。

北海道に上がるのも 日本海側の小樽より太平洋側の苫小牧の方が安全ですね。

 

とは言ったものの……

 

17日3時に戸田立ち上がりで 東北道ヒタ走り。

新潟までは350キロ 4時間半くらいですが

八戸までは650キロで9時間半かかりました。

 

16日8時始業で17日12時半終業。

途中4時間くらいの空きはありましたが。

28時間拘束であります。

 

せっかく16日に早く積み上がってるんだから 大洗の夕便乗せてくれや(-.-;)y-~~~

そしたら札幌に17日の夕方には入るので 娘ちゃんとご飯とか行けるのに。

 

まぁ それでもこれから一週間くらい休みますので 売り上げのためにも根性でがんばりましたとも。

仙台以北は4月以来ですし こんなに長距離を走るのも久しぶりでしたので 途中朦朧としながら走ってました。

 

船は八戸17時の予約でしたが シルバーフェリーの中で一番古い船。

ドライバー室が個室ではないタイプです。

その前の13時の船だとドライバー室は快適個室です。

 

朦朧とした意識の中でナビとにらめっこしながら ナビの八戸到着予定時刻は12時半。

腹減ったなぁと思いつつも 最終メシポイントの岩手山もスルーして八戸フェリーターミナル現着。

12時半!

 

受付に行って

「13時乗れるかなぁ」と私。

「あぁ 電源ですか……」

でもなんか手続きが進んでる!

 

「乗れるの?」

「はい 乗れますのであちらに行ってください。すぐ乗船になると思いますので。」

 

ラッキー!

快適個室ゲットであります♪

 

腹は減ってましたがそれより眠気でしたので 軽くビール飲んで即撃沈。

寝たと思ったら 苫小牧着。20時。

 

戸田で積んで来た荷物の配達は私の仕事ではないので 下船してシャーシーは苫小牧に切り離し。

身軽なヘッドで苫小牧の同僚の家にお土産を届けてサクっと高速移動。

 

苫小牧は乾燥路面でしたが 札幌に近づくにつれてだんだん怪しくなってきます。

 

娘ちゃんち最寄りのインターで降りると そこは普通に冬道。

幹線道路は乾いてますが ちょっと中に入るとそこは昼間に解けて夜に凍った凍結路面。

タイヤはほぼタテ目。

走らん・曲がらん・止まらん(笑)

 

そんなこんなでもなんとか娘ちゃんちにもお土産を届けて 札幌市民のソウルフード「みよしの」で餃子とカレーを食べて 寝床着。

久々にゆっくり寝れますね。

 

あんまりいないと思いますが 冬場に関東から北海道に車で来ようというかたへ。

ガソリン車はいいですがディーゼル車は関東で燃料満タンにしないで北海道に着くだけにしといて 北海道に上陸してから満タンにしてくださいね。

軽油は凍りますから。

東北以北は何号軽油だかの寒冷地仕様ですが 関東の軽油は寒冷地に対応していませんから。

ある程度溜まってるタンクでは凍りませんが 燃料フィルターで凍るんですね。

まさか油を炙って解かすワケにもいきませんから もしディーゼル車で北海道に来る方はくれぐれもお気をつけくださいませ。

 

さて 寝よ