iPhone12 miniから14へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023.6.25

iPhone 機種変更

前回 iPhone14を買ったよまで書きましたが 二週間くらい使ってみての感想。

スペックの違いなどはこちらで比較してくだされ。

下取りに出すとiPhoneが割引に
iPhoneの最新モデルとアクセサリをそろえました。 iPhone 15またはiPhone 15 Proを金利0%、36回の分割払いで購入できます*。24か月目に新しいiPhoneにアップグレードすると、残りの分割払いが不要に**。

iPhone14にしたメリット

・miniより画面が大きく 見やすい

・文字も大きく太い

・バッテリー容量 100%

デメリット

・miniより月の支払額が増えた

・重い

・画面が大きくなった分 片手での操作が多少大変

私はせいぜいメールをチェックするとか ツイッターを徘徊するとか 写真を撮るとか。

ガツガツ動画を編集するなどの重たい作業はしませんので プロセッサーがどうとかの違いはわかりません。

通信回線がほぼWimax経由なので 5Gの恩恵もほとんど享受できてませんし。

それでも やっぱり使ってるうちに端末に溜まる「ゴミ」がない分 何をするにも速い気はします。

14も一応「パープル」なんですけど。

12の色の方が好みですね。

Proだと「ディープパープル」って色があって 12よりもさらに濃いパープルな感じです。

でも こんな私の使い道ですからProなんてなおさら要りませんね。

 

で 12はどうしたか。

まずはdocomoショップに突撃して 残債約3,2万を支払い GEOへ。

すると「ネットワーク利用制限が🔺なので7,000円引の31,500円で」とのこと。

「今払ってきたんだけど。領収書見せてもダメ?」

「判定で🔺なので どうにも」

と まぁ大手のマニュアル通りの答えしか返ってこないので その日は転身。

docomoに問い合わせると ネットワーク利用制限専用問い合わせ窓口のナビダイヤルを案内されるので そちらに発信。

4分120円くらいの通話料を掛けてあれこれ話して。

翌々日の午前中に⭕️に。

これでGEOで38,500円で売る権利を得たワケですが なかなか行けず。

 

そんなときに 横浜に遊びに行くことになりました。

どうせ都会に行くんだから どっかで売ってこよう♪ってことであれこれ検索してみましたが。

結局はGEOが一番高そう。

横浜に行く前に銀座に行きましょうと思っていたので 大吉にメールで問い合わせ。

すると着信。

はっきりとした金額は言ってくれないので 「まぁ行けたら行きますわ〜」って感じで切り。

トコトコ電車に揺られて 銀座で用事を済ませて。

横浜での飲み会までは時間もあったので そこから徒歩3分の大吉銀座店へ。

端末を見せて ついでにと持ってきたHUAWEI P20liteも査定してもらいました。

すると iPhone12 miniは 37,000円。

もうね。1,500円のためにGEOに行き直すとかないですね。

都会にはGEOはないですし。

HUAWEIも2,000円。

合わせて39,000円でサイナスです。

HUAWEIもGEOに持っていけば4,400円くらいになった可能性もありますが。

5年くらい前に買った端末がおカネになっただけで十分ですね。

 

HUAWEIはWifi専用機で 落として壊したとしても問題ないので 荷扱い中に問題のある荷物の写真を撮って会社に送ったりとかで使ってましたが iPhoneがあればそれもできるので ここらで断捨離です。

暖かいところ寒いところを持ち歩くと 端末内部で結露して 故障したときに「水濡れ判定」になったりするので なるべくならiPhoneは冷蔵庫の中には持って行きたくないところですが。

今メインの「電話」として使ってるAQUOSを機種変したら その役目はAQUOSになるでしょう。

 

アクオスの機種変はどうしましょうかねぇ。

今年の11月くらいで2年。

確か単純分割で お返しプログラムではなかったと思うのですが。

そのころに一括したとしても13,200円なので サクッと払ってSEにするか。

秋にはアップルの新製品も出るでしょうし。

ここは一旦保留にしておきます。