パワーストーンとは

スポンサーリンク

前回に続き石のお話。

 

おカネと運送業界についてでそれぞれ1本ずつ書けそうと言いながら パワーストーンについてってところが天邪鬼ですね(^ o^)y-~~~

パワーストーンに求めるものって それこそ10人いれば10通りのものがありますね。

 

それでも多いのが「おカネ」と「仕事」ではないでしょうか?

その次に「恋愛・結婚」とか「健康」

「人間関係」もありますが ここは仕事または恋愛に含めます。

 

金運と仕事のパワーストーンと言えば

まずは「ゴールドルチルクォーツ」

その次に「タイガーアイ」

 

私が初めて付けた石も 奥さんに買ってもらった「レッドタイガーアイ」でした。

そのころの私は 会社に入っては辞め入っては辞めなどうしようもないヤツでした。

すでに結婚していたんですけどね。

それを見かねて 奥さんがタイガーアイを私に与えてくれたのでしょうね。

 

 

それから十数年。

 

再び石に目覚めるきっかけになったのも「タイガーアイ」でした。

 

あの時の奥さんの思いを今なら素直に受け止められるなと。

 

実際それを付けると 事故を回避できましたからね。

 

それから石にのめり込むワケですが。

 

14mmくらいのゴッツイ

・イエロータイガーアイとか 

・ゴールドルチルとか・・・

 

なんか

いかにも「金〜」って感じがしちゃうんですよねぇ。

 

 

視覚的に またアンカリングとして普段の意識に植え付けるのもいいとは思いますが。

 

なんだかねぇ。

 

それよりも ルチルをアンテナとして持つのなら ゴールドよりもブラックとかプラチナとか。

 

第三の眼としてなら レッドorブルータイガーアイとか。

はたまた天眼石とか。

 

なんか「いかにも」なのを付けてる人を見ると

「金くれ〜」

「仕事くれ〜」

とアピールしているように見えてしまうんですよね。

 

私の価値観ですから 付けてる人を否定しているワケではないですよ。

そもそもゴールドとか黄色とかがあんまり好きではないのかもしれません。

 

時計もシルバー色のステンレスですし 結婚指輪もプラチナです。

黒い車にゴールドエンブレムを付けてるのを見ると こっちが恥ずかしくなります。

 

ゴールドって色そのものにエネルギーがあるのも事実ですし 仏器も金色ですから 卑しい色ではないのは確かですが。

 

 

そんなことを考えていたある日のメルマガ。

「人生の成果は努力×怪しい力」

ここでいう怪しい力とは

・神頼み

・験担ぎ

・直感

・胸騒ぎ

とかですかね。

パワーストーンもその部類だと思うんですよ。

 

で おカネとか健康とかあなたなりの願望を叶えたいと思って石を求めます。

しかし それに向けての努力が0だと いくら強力な石の力を掛け算しても0ですね。

 

収入が欲しいけど 働きたくないとか

健康になりたいけど唐揚げ・トンカツ・焼肉のルーティンとか

 

 

逆に努力だけでなんとかなってしまうこともありますね。

それが収入なのか 自由な時間なのか 趣味なのか 健康なのか。

人それぞれです。

抽象的ですか?

 

例えばですよ。

 

痩せたいと思ったら 食わなきゃいいんですよ。

欲望のままに肉食って痩せるはずがありません。

実際私は 肉と魚を少なくして菜食にしたら 8キロ痩せましたから。

68キロ→60キロですから1割以上減ですね。

 

もっとわかりやすい例でいうと

 

日本人の平均年収が今は400万ちょっとくらいですかね?

これはアルバイト〜富豪まで含めた平均ですね。

実質のボリュームゾーンは200〜300万くらいが多いでしょうか。

地域にもよりますがね。

 

北海道のトラック運転手でいうと

道内便2t・4t・大型車で200〜300万

道内トレーラーで300〜450万

本州便大型車で450〜600万

ってとこですかね。

 

大手とかコアなことやってる会社に潜り込めれば700〜800万に届いてるかもしれませんね。

でも今は大手こそコンプライアンスで時短なので せいぜい500万ってとこでしょうか。

 

あとは水面下のグレーゾーン

私みたいな「フランチャイズな運転手」

なんちゃって自営業者。

 

こんな状況は求人情報には載ってませんから ほぼ誰かの紹介。

または噂を聞いての飛び込みで交渉です。

 

私の場合は 元々いたグループ会社に空きがあるよって情報を掴んだラッキーもありましたが。

 

北海道ではいまだに青ナンバーを貸してくれる会社はありますし 青ナンバーを付けてしまえば 自分の努力次第で稼ぎはなんとかなりますね。

 

「情報を掴んだラッキーもあった」と書きましたが これも努力でなんとでもなります。

合わない人間と無理に付き合う必要はありませんが 当たり前に挨拶ができて 仕事をこなして 不義理をしなければ信用ができますから どこかから声がかかるでしょうし 求人情報に載ってないナンバー貸しの会社に行きたいと思えば いかにもな車の人に声を掛けて仲良くなれば紹介してくれるでしょうね。

 

これだけの努力で年収500〜800万くらいはいけるんですよ。

そこまでして もう自分の力だけではどうにもならん!ってとこまでがんばった上で怪しい力を借りると掛け算でとんでもない成果を手にできるようです。

 

私はというと 道内でのんびりやってる人よりかはがんばっているとは思いますが 他力本願でパワーストーンに助けを求めたからそれなりの成果しか享受できていないんだなと。

 

正に「ドクターショッピング」ですね。

まずは人としてのあり方 当たり前の行い

プラス努力

 

そこまでして初めて怪しい力が作用してくれるのだと思います。