検査入院 一泊二日

スポンサーリンク

9月3日に水戸の病院で健康診断を受け 医師が来るのを待たずに病院を後にした私ですが その一週間後。

それはあの台風が関東を襲った翌朝。

台風で船も止まり 仕事もなかったのでまったり寝ていたところにオニ電。

しかも知らない番号。

 

その後に会社からも着信。

 

強風に揺すられてやっと寝付いたのが朝方だったので なんなんだ!?とキレ気味に折り返すと 水戸の病院に電話しろと。

 

あ〜はいはいと 水戸の病院に電話すると

「レントゲンで肺に曇りがあります。結核の疑いがありますので 早急に病院に行ってください」と。

 

ってか 健診からもう一週間経ってますけど?

健診当日も平気で放置プレーだわ

一週間も放置しておいて 今日明日中に病院行けだの

 

何様ですか?

 

さらに私の了承もなしに会社にペラペラと結核の疑いがあるとかなんとか話してるし。

 

守秘義務って知ってますか?

 

まぁね。

そんな水戸の病院はもう行かないとして。

 

そんなことを言われたら私もシカトできませんので 大田の市場近くにいましたが急遽営業所の近くで病院を探して行きましたとも。

大きい病院は今は一見さんほぼお断り的な感じですので とりあえず個人の病院へ。

すると そこはラッキーなことにCTのある病院でした。

レントゲンは水戸の病院からもらえるので ここはCTを撮りましょうと。

 

すると 私も始めて見る状態。

白い影が広範囲にあります。

「これはうちでは何もできないので 紹介状書きますね」

 

翌日 紹介された総合病院へ。

そこは結核ならここという病院らしいので マスク必須です。

 

初診時のもろもろの儀式を経て 診察室に入ります。

そこには 瞬きすると風が吹きそうなツケマな美人医師が。

 

「この曇りの分布の仕方だと結核ではないですねぇ。

まずは結核の可能性を消すために痰の検査をしましょう」

 

そのほか 血液を12本取られ 尿 心電図 レントゲンなどで終了。

 

その次の診察。

それが先週の20日でした。

「血液も陰性だし 痰からも結核の菌は出てません」と。

じゃあなんなんだ?ってことで この日は造影剤を入れてのCT。

その画像を診て美人医師。

「このプリっと丸いのが怪しいんだよねぇ。膵臓の腫れも気になる……」

「PETーCT撮って来た方がいいですね」

 

はぁー ガンの可能性か……

 

「それか 気管支鏡と生検やってからの方がいいかな」

 

ウンウンそうだね!ってことで 今回の入院となりました。

CTで見る限りなかなかの広範囲に「何か」があって これが全部ガンだったらとっくに死んでるべってくらいですからね。

結局膵臓も異常なしってことでしたが どこかからの転移で肺にこれだけガンがあったら 他にもあるはずだし それこそ「もうホスピス入りましょう」ってくらいですから。

今も普通に仕事….. 

っていうか 繁忙期で連日18時間以上仕事をこなしてますから ガンではないとは思いますが。

何れにしてもはっきりさせないことには落ち着きませんのでね。

 

今回の生検の結果が出るのは来週で 次回の診察は4日になりました。

ガンの可能性もまだゼロではありませんし。

どんな結果が出るのでしょうか(^ o^)y-~~~