安心領域からの脱出

スポンサーリンク




人間というのは変化を嫌う動物ですね。

毎日同じ時刻に起き

毎日同じ朝食

毎日同じ電車

毎日同じ会社

いつもの仕事

いつもの飲み屋で

いつもの愚痴大会

 

愚痴を言いながらも でも変化を嫌うので自分の望む環境に移動しようとは思わない。

 

なぜなら 今まで通りにやってるほうが安心だから。

とりあえず 毎日のルーティンをこなしていれば

毎月決まった給料が入って毎月の清算 毎月の生活ができるから。

 

そこで『成功の9ステップ』の音声を聴きながらふと考えました。

『そーいえば オレの人生って安心領域からの脱出ばっかしだな』と。

 

ホテルマン

スタンドマン

4t道内便

 

ここまではなんとなく『できそうだな』っていう安心領域

 

4t本州便(ナビもスマホも普及する前)

初婚相手がバツイチ子持ち(いきなりパパ)

大型本州便(車が大きくなり 荷物も増える)

トレーラー道内便(大型とトレーラーは全く別物)

不動産賃貸営業(畑違い)

2度目の結婚に向けて再びトレーラー(実績ありの安心領域)

 

数社を転々として

 

引き抜きにより移住を伴う転職

(全く無知の畑仕事をしながらの トレーラー乗り)

 

いろいろあって

社員の運転手→リスクを取っての持ち車。関東出稼ぎ。

 

髪切り一筋な私の両親からすると

『根性のないフラフラしたヤツ』

 

一つの仕事を自分のミッションとして

一生それを全うする人生

それもアリだと思います。

 

だがしかし

 

景気が悪いからお客さんが来なくなった

月1で来てたお客さんが2カ月に1回 3カ月に1回しか来なくなった

安い床屋が増えたから うちの売上が減った

 

まぁ 私の両親は髪切り職人であって 経営者ではないんですね。

 

1000円カットで済ませる人がいる一方で

高い美容室に週一で通う男子もいるワケですよ。

 

私もカットだけでシャンプーもしないようなところに行きません。

 

 

いやいやいや

床屋論を語りたいのではなくて

 

運送業界でいえば

今となっては中型免許でないと乗れない4tに乗り

大型に挑戦するのか?

2t車で妥協するのか?

 

4tも大型も単体の車→単車

より高度な技術を必要とするトレーラーに乗るのか?

 

北海道で言えば

単車の本州便>トレーラーの道内便

の給料なので わざわざ雪の上で怖い思いしてトレーラー乗る意味ないな

と思ってた時期がありました。

 

でも

単車乗りも

トレーラー乗りも

 

同じ『人間』

 

あの人にできて

オレにできないはずはない!

 

と思って トレーラー乗りになったワケであります。

 

で やってみたら なんとかなる。

 

それから不動産賃貸営業に転職して初めてパソコンに向き合いました。

それまではパソコンには縁のない生活でしたので別になくても困らな~い

だったんですね。

 

でも 不動産の仕事をするには

物件資料を作ったり

契約書を作ったり

物件情報をネットに上げたり

 

パソコンを使えないと仕事にならないんですよ。

それからエクセル・ワードを覚え

ビジネス文書を覚え

 

ニュージーランドから札幌に移住したいというメールでの問い合わせに対して

エクセルで物件資料を作ってメールで送り

その質問に答え

実際に物件も見ていなくても契約に至って移住の手助けができるまでになりました。

 

その前も

私が26歳のときにimodeが出て

メルマガの存在を知り メルマガ読者になり メルマガ発行者になり。

 

いろいろと未経験の分野にも挑戦してきた人生だと思います。

 

私と同じように 今の現状に満足するのではなく

なんとか現状から脱出したい!

まずはオレがやってみる!

という思いでぼちぼちとこのブログを書いております。

 

なんだか取り留めのない文章ですが・・・

 

結局何が言いたいのかと言うと

偉大なる功績を残した人たち

 

松下幸之助さん

稲盛さん

さらには

エジソン

 

み~んな同じ人間。

 

その人たちにできて

私にできないはずはない!

 

そんな思いで 日々挑戦する次第であります。

 

オレの人生

まだまだこれから!