アオリ対策

スポンサーリンク

最近話題になってる『アオリ運転』

悲しい事故も起きてますね。

 

確かにね・・・

ありえない割り込みとか 

ありえないタイミングで脇から出てくるとか

 

オイオイ・・・な時もありますが。

 

中学生ではないので 行動に移してはいけませんね。

 

でもでも世の中にはそんな中学生から成長していない見た目だけオトナで運転免許を与えられてしまったヤツらがいるのも確かです。

なので 君子危うきに近寄らずも大事ですが さらなる防衛策を施しておくに越したことがないなと。

 

そこで活躍するのが『ドライブレコーダー』ですね。

私はかつてコムテックのHDR-201Gという機種を使っていたのですが 去年の4月の事故に遭遇した時に 夜間ではほとんど判別できないレベルだったので

これに買い替えました。

コムテックと比べても夜間の撮影レベルは格段に良くなりました。

で コムテックがあまったので とりあえずのアオリ対策でこんな感じ

リアガラスの後ろはシャーシーしか見えませんので ミラーを映してました。

これなら夜間撮影に難ありなコムテックでも 昼間は当たり前に映りますし 夜なら後ろの車のライトが映るのでいいかなと。

 

でもこのコムテックが機嫌悪くなるようになったんですね。

突然ストライキを起こすようになりました。

こうなると なんかあった時に映ってなかったでは意味がないので 思い切って買い替えることに。

で 選んだのがこれ

新潟行って1日空きだったので 新潟の黄色い帽子で買ってきました。

これ 1万くらいで前後撮影できる優れものです。

GPSは付いてませんが。

メインのKENWOODがGPS付きなのでOKですね。

 

夜な夜な作業して完成したのがこちら

左側ミラーを撮影。

右側ミラーを撮影。

 

これで左右に揺さぶってオラオラしてくるDQNも記録を残せますね。

 

ちなみに左側の写真にチラっと写ってるモニターは 安全窓にカメラを仕込んで 左斜め後ろの ミラーで見にくいところをカバーするためにつけてます。

これで左バックがかなり楽になりました。

また左折時にヘッドを折ってても横断歩道が見えます。

 

話がそれました・・・

 

 

ここでアオリ運転の対処を確認しておきましょう。

・相手にしない

アオられても逆ギレして急ブレーキなんかかけたらダメですよ。

アオってくるくせに向こうもドラレコ付けてたりしますので さらにインネン付けられます。

これに尽きますがあまりにしつこい場合は

・コンビニなど(あれば交番)に入る。

もし付いてきても他の人がいれば通報してもらえます。

 

信号待ちなどで止まった時に相手が降りてきたら

・ドアロック

・窓は開けない

なんだゴラー!って降りてったらダメですよ。

相手がへなちょこでコテンパンにやっつけたとしたら それはそれで傷害で訴えられます。

今時は平気で刃物を振り回すバカもいますので 車から出ずに即通報です。

 

私は職業ドライバーですので年間10万キロくらい走ります。

日々色々な場面に遭遇しますが アオったり幅寄せしてくるヤツは『コドモ』だと思って相手にしないのが一番ですね。

 

中学生がなんか言ってきても相手にしませんよね?

でも体はオトナなのでなにするかワカラナイ。

 

そんなヤカラですから マトモに相手にするだけ疲れます。

 

こちらは大人として華麗にスルーしましょう♪

 

 

でもトレーラーだけの裏技がありまして

 

『アクセル踏みつつのシャーシーブレーキ』

 

これ 急ブレーキにはならずにシャーシーだけロックさせます。

ブレーキランプ点灯→タイヤロックして煙モクモク

 

目の前でやられたらアワワアワワなりますね。

滅多にやりませんけど。

年1くらいでちょろちょろ右側に顔出してくるヤツにお仕置きしてやるときも

あったりなかったり・・・

 

よい子のみんなは決してやってはいけませんよ(^ o^)y-~~~