ニセコスキーツアー その3

スポンサーリンク

1日目 13時半に到着してホテルにチェックイン。

そこから 

14時スタートのスクール組 2人

自前の道具組 3人

道具レンタル組2人

 

道具レンタル組の私がモタモタしてるうちに自前の組はゲレンデへ。

レンタルして装着して さぁリフト乗るぞってときには 3人はリフトの上。

 

結局すれ違いで 一緒に滑ることはありませんでした。

ところが 自前組の1人が一発目にコケたらしいんですね。

この日はそのまま滑っていましたが 翌朝になって「今日ムリだわ」と。

 

そんな中 4人で午前中だけ軽く滑って その日のスキーは上がり。

それから今回のツアーの隊長が代わるアクティビティーを検索。

ニセコの道の駅へ。

 

こうなると私が参加した意味がグッと増しますね。

ジャンボタクシーやバスのチャーターだと往復の移動だけですから。

滞在中にどっか行くとなるとタクシーになります。

しかし アンヌプリから道の駅だと たぶん4000円くらいかかるかもしれません。

 

まぁ 変態たちですからそんなおカネには困っていませんがね。

道の駅で特産品や酒などを買い出し&オヤツタイムをして ガチョウの牧場へ。

道の駅にもチラシが貼ってあってまだ放牧はしてないと。

それでもとりあえず行ってみるべってことで行ってみると。

通常よりは数は少ないらしいですが 外にいました。

そして 次の日から始まるカフェの段取り中でしたが ガチョウのたまごで作ったどら焼きも焼き立てを出してくれると。

 

変態たちの運 恐るべし。

 

それに輪をかけて ガチョウが卵を産む瞬間を見れたり。

羊蹄山もキレイでした。

 

北海道民のマストコンビニ「セイコーマート」に立ち寄り ホテルでしばし休憩。

 

夜は 魚一心。

関連ランキング:寿司 | ニセコ駅

ここもうまかったですね〜。

隊長さすがです。

生はドライですが 瓶でクラシックがありました。

 

ホテルに戻って ちょっと昼寝。

22時すぎに覚醒して 2次会へ。

 

今日は他にも撃沈してる人がいて 参加者は5人。

 

お師匠さんはいました。

酒も進んでお師匠さんから

「ふくろうは一般人にはない運転のスキルがあるんだから それをあーしてこーして」

 

もうこれ コンサルだべ。

日々のルーティンの中で運転手同士であーだこーだ言ってても気づくことのないことが 外部の人には見えるんですね。

お師匠さんから言われたら行動しないワケにはいきません。

0時くらいにお開きになってから楽天徘徊。

あれやこれやと買いました。

 

それが何かはまたおいおいと。

 

こうして楽しく意義ある夜はふけていくのでありました。